温泉やプールで入場拒否!?刺青・タトゥーのデメリットとは

若い頃、強いイメージに憧れたり、おまじないやオシャレでタトゥーや刺青を入れている方、多いですよね。
でも、「タトゥーがなければ」と思ったことはありませんか?
外国ではタトゥーは一般的ですが、日本ではまだまだ昔の風習が残っており、イメージが良くありません。
入れたときには大満足でも、あとあと困ることがたくさん出てきます。普通の社会生活を営む上で、タトゥーはどうしても障害になりがちです。

やはり一番気になるのは、温泉やプール、サウナやジムなどの公共施設に入れないこと!
施設側が、タトゥーや刺青の方を受け入れてくれるようになるのが一番良いのですが、日本の現状では難しいでしょう。お客さんみんなが安心して楽しめるように、施設のルールには必ず従わなければなりません。
「もう温泉には入らないからいい」「サウナに行かないからいい」と思って入れたはずなのに、友人との旅行でひとりだけ温泉やプールに入れずガッカリ…。急な出張で宿が取れず、タトゥーがなければサウナに泊まれたのに…。などなど、こんなはずではなかった、と思うことが多いのではないでしょうか。

「タトゥーがなければ」…。
だったら、なくしてしまいましょう。
タトゥー、刺青は消すことができます!

タトゥー、刺青は、医療機関の最新のレーザー治療で、ほぼわからないように消すことができます。
温泉にも、プールにも、サウナにも、ジムにも、堂々と入って楽しむことができますよ。
ひとりだけ輪に入れず、寂しい気持ちを味わうこともなくなります。
困ったことがある方、ぜひ相談してみてください。